福岡のJava求人関連なら【JavaHawks】

福岡でJavaエンジニアになる!!未経験からJavaエンジニアへ

Javaプログラマも知っておきたい、転職活動中の注意点

転職活動中の注意点

転職活動中の注意点


在職中の転職活動はNG行動に注意

転職活動をスタートさせると、より希望条件に合う転職先を早く見つけて転職したいという気持ちが高まります。しかし、そのことばかりに集中して周囲が見えなくなってしまうと、色々な弊害が起きるので注意が必要です。転職活動は、退職してからはじめる場合もありますが、ここでは在職中の転職活動に関するNG行為を紹介します。

周囲を見る余裕を

転職活動に夢中になって周囲を見る余裕をなくしてしまっていませんか?転職先を探すということは、転職先が見つかれば今いる会社は辞めることになりますが、退職するその日までは在職中であることを忘れてはいけません。どうせ辞める会社だからいいや、と適当なことをせず、社会人として常識の範囲で活動しましょう。転職活動はあくまでも私的な用事であり、現職中の同僚や職場に迷惑をかけるようなことはしないよう気をつけましょう。

転職活動は内密に

どんなに仲の良い同僚や先輩であっても、「転職活動中である」ということは話さずにおきましょう。どんなに信頼できる相手でも、いつどこでその情報がもれるかわかりません。転職先が決まっていないうちから、転職意思があることが社内にもれることはデメリットこそあれメリットは何もありません。人の口に戸はたてられぬということわざもあるとおり、絶対に外にもれない秘密など無いということを肝に銘じて行動しましょう。

会社の中で求人探しをしない

転職活動には転職求人サイトを使うのが一般的になっていますが、くれぐれも会社のパソコンで求人探しをしないよう気をつけましょう。どうせバレないだろうと思われる方も多いようですが、社内のPCは監視されています。これも上記の転職活動は社内にバラさないという意味で、気をつけるべきポイントです。仕事中は仕事に専念し、求人探しは勤務時間外に自宅のPCやスマホを使うというケジメが社会人のモラルです。

退職届をあわてて出さない

転職活動が順調に進み、面接で好感触が得られると、早く転職したいという気持ちがますます強まるかもしれません。その勢いで、つい「多分受かるだろう」という前提のもとに退職届けを早々に出してしまう人がいますが、これは失敗です。「受かるだろう」と思って退職届けを出したら、不採用通知を受け取って愕然とするということは珍しくありません。退職届けは最後の最後、内定通知を受け取ってからでも遅くはありません。

内定が決まっても在職中は転職先の話はしない

晴れて内定が決まり、退職届けも出した後ですが、退職して転職先に出社する日まで、転職先の話を今の会社の人にべらべら話すのは避けましょう。「どこの会社に決まったの?」などと聞かれることもあるでしょうが、初出社の日までは会社名もふせておくのが賢明です。可能性は低いかもしれませんが、もしかしたら転職先に、知り合いや取引先がいるかもしれないということを常に頭においておきましょう。軽い気持ちで口をすべらせてしまったばっかりに、出社初日から憂鬱な思いをすることになるリスクもあるのです。

おすすめ記事ピックアップ

Javaは何に使われているのか

Javaは、その汎用性の高さなどの特徴から、数多くのWEBコンテンツにも多用されている他、様々なプログラム開発に利用されています。また、Javaは、Androidスマホアプリ開発のネイティブ言語でもあります。その他、業務系システムの開発などにも使われ、今後ますますJavaエンジニアの需要は増えることが予測できます。

Javaを習得したい人への入門書

ゼロからJavaを学ぶにあたって、何らかの書籍はあったほうが良いでしょう。プログラミング初心者にとっては、入門書を選ぶのも一苦労することと思います。はじめてJavaを学ぶ際におすすめの入門書をステップごとに3冊ほど紹介します。上手に活用してステップアップしていかれると良いと思います。

産休・育休もある女性歓迎の福岡Java求人

福岡のJava求人には、育児休暇や産前産後の出産休暇の取得実績も豊富で、女性が長く働ける環境を整えている企業の求人募集などもあります。エンジニアといえば男性が多いイメージがありますが、女性エンジニアもますます増えていくことでしょう。これからJavaエンジニアを目指す女性は注目の求人です。

福岡のJava求人関連なら【JavaHawks】

Copyright © 2014 福岡のJava求人関連なら【JavaHawks】 All Rights Reserved.